スープを煮込むような毎日を。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< #41 | main | #43 >>
#42


心のなかが、どうやら飽和状態だったようで
たまっていた何かが溢れ出たと同時に
心身がバランスを崩してしまいました。

お仕事に行くのがしんどくなってしまって
休養をとらせてもらっています。

10年ほど前もこのくらいの時期に
涙と過呼吸に苦しみしばらく休養したのですが
今回も似た症状を感じています。

どうやら私は自分が我慢している度合いが
自分では分かりにくいみたいです。
大きな集団のなかで働くのは、
やっぱり私はあまり合わないみたい。

私にはどうしようもない
相手の言葉とか空気とかを
受け止めずに流すことがとても苦手なんだなぁと。

こうあるべきだ、そんなのおかしい
という気持ちが切り裂かれるような
考え方の押しつけが、私は本当に辛かった。

ちがう考えもあるのになぁと
心のなかでつぶやくけれど
大声で言うその人に届けるのは難しく
私の中にはくすぶった気持ちが怒りに変わっていこうとする感覚だけが残った。

気づかぬ間にどんどん蓄積したその思いは
体に出てしまって
ちょっとストップしないと、と感じた。

怒りは涙にかわって
ホロホロと、ザアザアと、いろんな音で流れ出る。


丁寧な毎日
小さな喜びを嬉しいと感じること
大切な人を大切にすること
優しい気持ちのままいること
無理して誰かに合わせないこと


どれもできずにいた日々が本当は嫌だった。
大嫌いだ、という、感情があふれます。

私は肯定の言葉が好きだけど
涙と一緒に出てくるのは、大嫌いだ、という思いと怒りで
夫は『そうや、言うたれ!言うて出したれ!』と言って、私が嫌な気持ちを吐き出すのを手伝ってくれました。

ため込んでいた分、
少し時間はかかるかもしれないけど
きっとトンネルは抜ける

自分にできること
自分の歩くリズム

ゆっくりゆっくり思い出して
新しく新しく見つけて
また一歩を踏み出したい。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kotokoto-soup.jugem.jp/trackback/47
TRACKBACK