スープを煮込むような毎日を。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< #40 | main | #42 >>
#41


ずっと行きたいと思っていたお店へ、今日はやっと行くことができた。

素敵な空間で、扉を開けたときから
心の一番使いたい感覚が久々に嬉しがっているのが分かった。

引っ越して、外に仕事に出るようになって2年目。

分刻みみたいな毎日と
ややこしすぎる大人の感覚の押し付けあいに
心身がとっても疲れているのが
自分でもよく分かる最近。

今日はカウンセリングで、
たくさん思いを共有してもらったあと
このお店に出会うことができて
とても満ち足りた気持ちになった。

ゆっくりするのにも、コツがいる。
慌ただしい毎日を送っていると、それが当たり前になってきて
ゆっくりするのが下手になるなと思った。

手紙舎さんの本を読みながら
古くて素敵な空間でごはんを待つ。
吹き抜けにした天井を見ながら、
『あ、あそこは床の間で、あそこは押し入れだったんだろうな』
と、かつてあったであろう空間に思いを馳せる。

色とりどりの野菜と、肉汁たっぷりのハンバーグ。
それから、ほんのり塩気のきいているパン。

とっても幸せになったひとときだった。

またきっとお邪魔して、
ただの私になって、ぼんやり過ごしたいなぁと思える場所でした。

ごはんを食べてゆっくり寝よう。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kotokoto-soup.jugem.jp/trackback/46
TRACKBACK